トゥルースリーパーライトの評価

こちらのページで紹介しているトゥルースリーパーシリーズの他に「トゥルースリーパーライト3.5」という商品が数量限定で販売されています。

「トゥルースリーパーライト3.5」って何が違うの?

「トゥルースリーパーライト3.5」は従来のトゥルースリーパーと何が違うかと言いますと、本体の厚さが違います。

「トゥルースリーパーライト3.5」の「3.5」が本体の厚さを示しているわけですね。つまり3.5cmの厚さということです。

トゥルースリーパーの中でも最もオーソドックスな「トゥルースリーパープレミアム」の厚さが5cmなので、「トゥルースリーパーライト3.5」の方が1.5cm薄くなっています。幅と長さは97cm×195cmでどちらも全く同じです。

 

「トゥルースリーパーライト3.5」の良いところ

トゥルースリーパーライト3.5本体の厚さが薄いということは、それだけ軽量だということ。つまり持ち運びがしやすいというメリットがあります。

私はトゥルースリーパープレミアム(シングルサイズ)を使用しているのですが、最も小さいシングルサイズでも持ち運びは一苦労。かなり嵩張るので、たまに陰干しするのも億劫になってしまいます。。

しかし「トゥルースリーパーライト3.5」は軽量なのでその点がやや改善されております。と言いましても厚さが1.5cm薄くなっただけですので、そこまで劇的に持ち運びしやすくなったということはないと思います。

 

「トゥルースリーパーライト3.5」は普通のトゥルースリーパーと寝心地は同じ?

「トゥルースリーパーライト3.5」の寝心地に関しましては、実際に私もトゥルースリーパーライトを購入したわけではないのでなんとも言えません。楽天レビューを見てみたのですが、口コミ評価もゼロ件となっており、実際に使用された方々の感想が分かりません。

しかしショップジャパン公式サイトには、「トゥルースリーパーライト3.5は、トゥルースリーパープレミアムとほぼ同じ体圧分散値を実現し、腰や肩への負担を軽減します」と書かれています。

 
トゥルースリーパーって基本的に敷布団の上に敷いて使います。そうしなければ横になった時に地面の感触が分かるくらいまで沈み込んでしまうからです。ですのでトゥルースリーパーを使うなら敷布団が必須です。(トゥルースリーパーコンフォートは単体で使用可能です。)それでも畳の上などの柔らかい床にトゥルースリーパーを直に敷いて使う方もいらっしゃいます。

ここからは私個人の見解になるのですが、トゥルースリーパーライト3.5だと薄すぎるので、いくら床が柔らかろうとも単体使用は絶対にできないと思います。トゥルースリーパープレミアムでさえフローリングに単体で敷くと床の感触が分かってしまうのに、トゥルースリーパーライト3.5では試すまでもないと思います。

しかしきちんと敷布団の上に敷いて使う分にはトゥルースリーパープレミアムもトゥルースリーパーライト3.5も大差が無いかもしれません。それに料金もライトの方が安いので、ライトを使ってみるのも有りかもしれません。ただ数量限定ということで、今現在販売されているかは定かではありませんのであしからず。

詳細はショップジャパン公式サイトでご覧になってみてください。

 

 

このページの先頭へ