動画で学ぶ安眠ストレッチ法

事務作業などにより肩などの体の一部が変に凝り固まってしまい、それが安眠・快眠の妨げになるケースもあります。そのような場合には睡眠に入る前に軽いストレッチを行うと朝までスッキリ眠ることができます。

以下の動画は安眠ストレッチ法です。自分に合ったストレッチを行い、毎日の朝までぐっすり睡眠をとりましょう。

安眠ストレッチ法

 
①腕伸ばしストレッチ  ②ねじりストレッチ  ③猫のポーズ

「猫のびストレッチ」は、ダイエットにも効果的だぞうです。日頃、寝つきが悪い方は一度行ってみてください。

寝る前の寝付きが良くなるおうち夜ヨガ

 
ヨガは今、女性に大変人気がありますよね。ヨガ教室もどんどん増えていっています。

動画の「おうち夜ヨガ」は自律神経を整えてくれるので、朝までぐっすり眠ることができると思います。

不眠にお悩みの女性にはぜひ試してもらいたいですね。

睡眠前の足ほぐしストレッチ

 
このストレッチは足の関節が柔らかくないとちょっと難しいかも。しかし年齢に関わらず、毎日ストレッチを行えば、体は柔らかくなっていきますからね。

体が柔らかくなると血行がよくなりますので、質の良い深い睡眠が取れるような体質になっていきます。

働く女性のためのおやすみ前の3分簡単ストレッチ

 
肩コリの原因に関わりが深い僧帽筋を中心に、特に女性に嬉しいエクササイズを行い、日々の安眠・快眠を充実します。また、痩せやすい体づくりにも効果的です。

【デスクワークが多く、肩コリがひどい人のためのストレッチのポイント】

①首の付け根をほぐす肩の上下運動
就寝前だけでなく、どこでも出来るので、仕事中でもおすすめです。

②背中の緊張をほぐす肩の回転運動
固くなってしまいやすい肩甲骨の周りを柔らかくする運動です。胸の筋肉も刺激するので、リンパの滞りも改善されるうえに、バストアップも期待できます。

③わき腹の筋肉と内臓の緊張を和らげる運動
体側を伸ばしてお腹周りのスペースを広げて内臓からほぐすイメージ。真横に倒すことで腹筋にも効果有りです。

④首の後ろを伸ばす運動
普段なかなか使わない太ももの内側の筋肉をほぐします。冷え症や月経痛の女性におすすめです。

 
特に太ももの裏側のハムストリングは硬くなりやすい部分なので、しっかりと伸ばすことがポイントです。

【立ち仕事が多く、下半身の疲れが取れにくい人のためのストレッチのポイント】

①腰を伸ばす運動
脚の筋肉をほぐし、下半身の血液が良くなれば、全身への循環もうながされます。

②太もも裏の筋肉を伸ばす運動
特に太ももの上側のハムストリングは硬くなりやすい部分なので、しっかりと伸ばすことがポイント。ふくらはぎ、アキレス腱も伸ばすことで、むくみ解消に。

③中臀筋(お尻)の筋肉を伸ばす運動
タオルを使用したり、サポートしてもらってもOK。無理のない範囲でハムストリングを伸ばすと、安眠効果抜群です。

寝ながらストレッチ「お尻の横、太もも外側」腰も伸びる


 
タオルを使ったストレッチ法です。

体が硬く、手が届かないところもタオルを使うことで届くことができ、普段なかなかストレッチをする機会の少ない部位もストレッチすることができます。

 

トゥルースリーパーを使うと肩コリはスッと楽になります。これは実際に使ってみると分かりますが、驚くほどの違いがあります。

トゥルースリーパーと併用して安眠ストレッチを行えば、毎日の朝がスッキリ目覚められるようになること間違いなしですね(^^)

このページの先頭へ